スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

流血

2009/10/11 Sun 23:42

先週の土曜日の朝、それは起こりました。

私が朝ごはんの用意をしている側でR君がダイニングチェアに立っていたのですが…

ちょっと目を離した瞬間


「どーんドンッ

と、落ちた音が。

慌てて振り向くと、R君が「今から前屈しまーす」な姿勢でテーブルの下に落ちて泣いています。

これは足を滑らせておしりから落ちたにちがいない。

さぞかし尾てい骨を強打しただろうと、抱き上げておしりをさすってあげると、R君は

「あたまがいたいのー」

と泣きながら訴えます。

そうかそうか頭も打ったかと、撫でた私の左手がなぜか濡れる…?

見ると手の平一面に血が!

うわーっと焦ってR君の後頭部を見ると1.5cmほどぱっくり切れてます叫び

幸い夫がいたのですぐ救急病院へ。

念のためCTも撮りましたが問題ないという事で「縫合」してもらいました。

私は「縫合」というからには針と糸で縫うんだと思っておりましたら、でてきたのはホッチキスみたいな道具。

あれよあれよという間に患部周りの髪の毛を刈られ(一応了解を取られましたが)、傷口を綴じるように

カチン!カチン!カチン!

と「ホッチキス」されました。

見てる方が痛いーほろり

幸い本人はそんなに痛みを感じなかったみたいですが、「抜ピン」するまでの1週間、後頭部の薄くなった髪の間からキラキラ光るピンを見るのは、かわいそうでした。

この前の土曜日に無事通院終了となりましたが、子供って思わぬ怪我をするんですね。
気をつかなくちゃいけないなと思いました。

スポンサーサイト
息子との日々 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。