スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今年のGW

2009/05/08 Fri 22:52

ちょっと遅くなりましたが今年のGWの事を。




いつもはほぼ主婦な私ですが、実は週1のペースで働いています。


お世話になっている先輩からGWの仕事を頼まれ、3日連続で日中働いていました。


その間、R君は夫と夫両親宅へ。


夫との役割が逆転した感じのGWとなってしまいました。


まぁGWはどこに行っても混むし、まだR君も「どこか連れて行け~」というわけでもないのでいいかなべーっだ!


来年は幼稚園が始まってるからそういう訳にもいかなそうだけど。。。




***tante gioie***


近くの住宅展示場でポニーに乗れるという催しがあったのでお散歩がてら行ってみました。


もちろん乗るためには展示されているハウスメーカーに行き、券をもらってこなければならないのですが、そこは営業得意の夫が適当トークでゲット。


乗る前にえさをポニー(チョコちゃんとキンタロウ)にあげることができたので親しみも湧いていたのか、かなり喜んで乗馬してくれましたニコ




私は横で手を握っていたので表情はあまりわからなかったのですがニコニコだったようです。





そして5月5日は恒例となりつつある「ラ・フォル・ジュルネ」へ。


***tante gioie***


R君も3回目のクラシックコンサート。


昨年はパーカッションだけのオーケストラでシューベルトを聴くという、おそらく人生にもうないであろう体験を出来ましたが。


今年は「バッハ」がテーマでしたが、5日の「0歳児からのクラシック」は


ビバルディの「四季」より「春」と「夏」でした。


私が知っている数少ないクラシックの中でもこの「四季」は昔所属していた合唱団で歌っていたのでかなり思い入れのある曲。


(本当は「夏」より「秋」もしくは「冬」のほうが好きなんだけどね。)


今回はどんなオーケストラなのかなぁと思っておりましたら。


「ストリングス」のみ!


繊細な音色でしかもほぼナマ音なので・・・


ピアニッシモなボリュームでは子供の泣き声に負けて1階席最後尾の我々まで音がギリギリ届くかどうかでした(汗)


まぁでもそれはお互いさまで、R君も決しておとなしく聴いていたわけではなかったのでねあせる


去年までは眠くなったりぐずったりで抱っこしながらそれでも音楽は聴けたんですが、今年は


「あれなに?」


「さっきはおれんじとしろだったね(両サイドのモニターにCMが流れてたのをしきりに反芻)」


「これなんていううた?」


と、大きい声で発するのでそれに対応しながら、「大きい声でしゃべらないようにね」と注意しながら聴いていたのであっという間に終わってしまった。。。




それでも何か心に残っていればいいんだけどと親は思うのでありました。


静かに聴けるようになるのは年中さんくらいからかなぁ。




でも、最後まで頑張って席に留まっていたR君にご褒美をということでとっておきの場所でお昼ご飯を食べる事にしました!




***tante gioie***


鉄男、大興奮。


新幹線に山手線、京浜東北線、東海道線と次から次へ電車が通ります。


中華屋さんだったんですが味も良かったし、来年もここでランチかな?




今は遠くの観光地より近くの電車!なR君でしたニコ








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。