スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おかあさん、きた!

2009/02/19 Thu 00:30

幼稚園まであと1年余りとなりましたが。。。


そろそろどこに通うか考えていかないとなぁと、児童館ママに聞いたところ。


今までノーマークだった幼稚園が「怒らない」教育をしているとのこと。


HPでチェックしてみると、ちょうど園長先生の講演会があるということでさっそく行ってみました。


そこでR君にとっての初体験が待っていました。


園長先生の公演の間、子供達は別室で保母さんと遊んで待っているということになっていたのでした。


HPを見た時に「お話の間、お子様は先生と遊びます。」とあったのですが、勝手に同じ空間の中にいれるものと思ってしまっていたのですガクリ


う~ん、どうしよう。。。


今まで親子カフェに行った時も、キッズスペースで遊びに没頭するというタイプではなく、すぐに大人たちの席に戻ってきてしまって私の姿が見えないと泣いちゃっていたので、どんな時も必ず私か夫が一緒にいるようにしていたのです。


試しに子供用に用意された部屋に一緒に入ってみると、最初は気配を感じたのか「おかあさんといっしょに(子供用の部屋に)いく」の一点張り。


とりあえず私も一緒に入って一通りおもちゃを眺めさせると触って遊びだしたので


「お母さん、靴を外に置いてくるねー。」と退出。


しばらくして様子を見に行くとまだ遊んでいたので、ここで「お母さん、先生のお話聞いてくるからそれまで待っててね。」と言いに行くと逆効果かなと思い何も言わずに講演を聞きに行きました。


その間1時間半。


途中で保母さんに連れられて泣きながらお母さんの所にやってくるお子さんもいたので、R君も泣いたら先生が連れてきてくれるんだろうとドアのほうを気にしつつも1時間半過ぎていきました。


大丈夫かな、泣かなかったかなとお部屋に戻ると誰もいません。


ふと見ると子供達はみんな園庭で楽しそうに遊んでいます。


R君も・・・いた!


なかなか楽しそうに遊んでいるじゃないですか。


呼びかけると


「おかあさん、きた!」


なんか働くお母さんが保育園に迎えに行く時の気持ちがちょっと分かるような。。。


「きた!」の顔はうれしそうで、見ているこっちもうれしくなっちゃいますね。


私と離れても泣かないで遊んでいてくれたことが驚きでもありうれしくもありちょっと寂しくもあり。。。


初めての母子分離。親子にとっていい体験ができた日でした。




公演自体も非常に興味深いもので、この園独自の色をはっきりと感じることができました。


ただ園庭がちょっと狭いんですよね。。。この広さに300人弱の園児。かなりぎゅうぎゅうになりそう。。。


まだまだ幼稚園選びの道は続きそうです。








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。