スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

親の振りみて我がふり直せ

2009/02/07 Sat 01:15

実家に帰ったとたん猛烈な痛みを発した私の歯。


あわてて駆け込んだ母御用達の歯科医さん


「神経までいってます、帰ったらじっくり治療してください。」


・・・ガクリ


というわけで、私の歯医者通いが始まりました。


もちろん、R君の付添つきです。


ただ、私の治療中誰がR君の相手をするんだ、そんな面倒見のいい歯科に私は今まで行ったことがないと頭を抱えながら調べてみると・・・


あっさり見つかりましたニコ


最寄りの駅前だし、小児歯科専門だから子供に優しいし。


ただ出来たばっかりで評判が聞こえてこない。


若干の不安も抱えつつの初診でしたが・・・


ファーストコンタクトは良好でしたニコニコ


あたりまえだけど出来たばかりなのできれい音譜


待合室にキッズコーナーがあって、なかなか良質のおもちゃがそろえてあります。


予約制なので待ち時間もそれほどなく、女医さんがハキハキ応対。


レントゲン室もちゃんとあって、撮影された画像が即パソコンに表示。


待合室で飽きた子供が親元に来ても大丈夫なように、診察台の横にキッズ用の椅子が準備されていて、案の定途中で「おかーさん、おかーさんどこ?」を連発し始めたR君もその椅子に座ってお待ちいただくことになりました(笑)


そして、帰り際には「おりこうさんだったね」とシールまで!




そして、今回私の隣のブースには4~5歳くらいのお兄ちゃんがお父さんに付き添われて治療中だったんですが、


「は~い、もうちょっと頑張ろうね~」


「○○君、手を動かすと危ないよ~」


「○○、動くなって!危ないだろ!」


「これ以上動くと押さえつけるぞ!」


などの威勢の良い声が男の子の号泣とともに聞こえてきまして。




帰りの道々


「おかあさんも隣にいたお兄ちゃんもちゃあんと歯磨きしてなかったから、ウィ~ンってしてもらわないといけなくなっちゃったよ。R君は一生懸命歯を磨いたらあんな風にならないから歯磨き頑張ろうね。」


と切々と説いたところ。




今日の歯磨き、いつもより時間かけたのにじぃ~っとお口をあけておりました。


今まで最後のほうは抵抗してたんですけど。




やっぱり「百聞は一見にしかず」ですわ。




次回は麻酔をするそうです、考えただけで痛い。。。








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。