スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

寝技からの脱出

2009/01/15 Thu 20:59

おかげさまでR君の熱も下がり、普段の生活へと戻っています。


最近、少しだけ私の寝かしつけ時の撃沈率が減り、大人な夜の時間を楽しむことができるようになりました(=ネットサーフィン+ソーイング)。




ところが、ミシンがノッテきた夜中の12時頃。


2階に置いてある室内トランシーバー?を通じてR君の声が聞こえてきます。


「おかーしゃーん、おかーしゃん どこ?」


おお、眼が覚めたかと2階へ行くと、そこからが私とR君の真剣マッチの開始です。


R君はもう離すものかと私の首に両手を回してガッチリホールド。


しかも足先で常に私の存在をチェック中。


それでも、しばらくするとかすかな寝息が聞こえてきます。


よし、寝たなと確認し、尚且つしばらくそのままじっとしてそぉ~っと少しずつR君の腕をほどこうとするのですが。。。


私が離れていくと、R君の足先の動きが大きくなり「足に何も当たらない=おかあさんが横にいなくなった」との判断のもと、あと少しの所で パチッ。




またガッチリホールドから試合再開となり。。。




ああ、リングサイドが・・・ロープが遠いわ。。。




結局昨日は私が負けて試合終了となりました。




くぅ~、本当だったら1着仕上がっていたペースだったのに(泣)








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。