スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

関西旅行

2008/07/01 Tue 22:27

先日の京都旅行。


R君が気になっている「新幹線」に乗って、妹家族のおうちに遊びに行ってきました。


行くことが決まってからはこちらの本でお勉強。



ぼくしんかんせんにのったんだ


少し早く行ってホームに新幹線が入ってくるところを見せようと思ったのだけど、もうすでにいらっしゃったわ・・・


食べ物がなくなって暴れだすのだけは避けようと


おにぎり8コ+パン半斤+駅弁とともに乗り込みました(汗)


さすがにパンと駅弁で満足したようですが。。。


私の算段では「お腹いっぱい」→「お昼過ぎ」→「お昼寝」コース。のはずだったんですが。。。


とっても元気(泣)


かーちゃんはシールをスタンバイしたり、窓に張り付くR君を支えたりと大変な2時間半でした。


まぁ、寝れないほど新幹線を満喫してもらった事にしておきましょう。


結局、京都に着いて地下鉄に乗ってバスに乗ってとやってるうちに力尽き、妹+甥とは寝顔で対面でした。




幼稚園に行き始めた甥はますますお兄ちゃんになって、1年8カ月先にはこんな風にお話しできたりするのかなぁと楽しみになります。




今回は「ゆっくり・まったり」な旅を目指したので、観光には走らず気になっていた雑貨のお店にお邪魔して・・・


ところがR君のご機嫌があんまりよくなくてお昼ご飯のときには最悪のテンション。


「パン!パン!」と連呼するR君用にとバゲットを注文したのですが、半分にして渡したところ大泣き。


たまらずかあちゃんは外に連れ出しましたよ。


原因は「パンが嫌」なのではなく「パンを半分に割ったのが嫌」だったようです。難しいお年頃だぜ。




前回実家に帰省していた時にもいくつかワードを習得したのですが、今回は自分のことを「R君」と言えるようになりました。

使い方は様々。


「R君(の)」


「R君(がする、自分で)」


などなど。


今まで「ろりろりらりらり」言ってた一人喋りにもわかる単語が入ってきて「こんなこと言ってたんだなー。」なんて笑っちゃたたり。




妹宅をおいとました後は一晩大阪に泊まってこちらの教室に。


以前からなおみ先生のブログを興味深く拝見していたので、せっかく関西に行くならと親子レッスンをお願いしました。


いろいろお話を聞けてよかったです。


色から伝わる刺激の大切さと、もっと手を使った遊びをすること。


手足をもっとダイナミックに使うこと。


日々の生活に流されて、この時期のR君に合ったおもちゃを用意できてない気がしていたのですが、高価なものでなくても必要なものは準備できそうです。




その後もう一度京都に戻り夫と合流。


京都に行く時は必ずお参りする「鈴虫寺」に今回もお邪魔して、夫とともにお願いごとを。




京都に一泊しておいしい懐石を頂いて気分もリフレッシュ。


また明日から頑張りましょー。








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。