スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スプーン使いとGW

2008/05/10 Sat 02:25

以前から何度か書いてきていましたが、R君はスプーンをうまく使えないでいました。


とにかく食欲旺盛なので、自分のペースでどんどん口に入れたいのに、スプーンだとうまくすくえなくて「イライラ、キー爆弾」ポイって感じです。


ポタージュはドロドロだったからうまくすくえたんだよなぁ。


R君は乳製品だめだからグラタンとかドリアとかだめだし。


ご飯もすくいにくいし。。。


・・・ほぐしてみたら?


ってか、ほぐれるように汁もの加えてみたら?


そこでおみそ汁をスプーンで5杯くらいご飯混ぜてみました。


R君、自分のペースを崩さずにスプーンでご飯食べてます。


「すくえるんだったらスプーンでご飯食べるのもやぶさかじゃないのさ。」



あぁ、なんでこんな事に早く気付かなかったんでしょう。


きっとみんな普通にやってるんだよね。


ただ、まだ左手を添えることができないので、私が茶碗を押さえてます(汗)


左手はR君のお茶碗、右手で自分のご飯。


あぁ、お行儀悪い。でもこれも一時のことよね。




そんなR君ですが、GWは去年同様に「ラ・フォル・ジュルネ 」に行ってきました。


今年はシューベルトがテーマだったので、演奏される曲目で日にちを選んだのです。


会場に入ってみると、大きめの打楽器ばかり。


「???」


開演時間になり、演奏される方が登場すると。。。皆様黒人の方でした!


よくよくプログラムを見ると「トリニダード・トバゴ」からいらっしゃったスティール・ドラムのオーケストラだったんです。


スティールドラムでシューベルトですよ。二度と聞けないという意味でも行ってよかったです。


スティールドラムってパイプオルガンみたいなすごくやわらかい響きなんですねー。


最後に「アヴェ・マリア」を演奏してくださったんですが、教会にいるような気分になって癒されました。


席は前から11列目の舞台に向かって一番左。


おのずと右耳は会場の音を拾ってしまいます。


「0歳からのコンサート」なので、お子様連れしかいないわけで、演奏の音にも負けない泣き声なども聞こえてきたりして笑えました。


R君はといえば、立ったり座ったりプログラム表を破ったりしながら何とか最後のほうまで持ちこたえましたが、最後の「アヴェ・マリア」の前に力尽き抱っこ&会場退出を要求されたので、立ちながら抱っこしながらでした。。。


周りを見回しても、そんな親子がいっぱいでしたが(笑)


実はその前日に私が風邪をひいてしまったので、ご飯を食べ終わったらそそくさと帰路へ。


本当はもっと丸の内を堪能したかったわ(泣)










スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。