スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2度目の家族旅行

2008/04/06 Sun 01:04

夫が休みを取れることが分かり、それなら温泉行くべと山梨の裂石温泉に行ってきました。




R君用におにぎりとパンをたくさん抱えて出発。


家を出たのは11時頃でしたが13時前には勝沼のインターを降りてランチすることが出来ました。


R君は車の中でパンとおにぎりをしっかり食べたので、ランチ中は熟睡。


親孝行なお昼寝、再び。




ランチは「ぶどうの丘」で。


町が運営している施設。本当に丘の上で勝沼の盆地を見渡すことができます。


後10日ほど遅ければ、桃の花が満開でピンクの絨毯のような素敵な眺めが楽しめたみたいです、残念。


味もなかなかグッド。勝沼だけにワインの種類も豊富で、授乳中の母と運転手の父は残念しきり。




せっかく来たので何か観光でもと、慈雲寺のしだれ桜なるものを見に行ってみることにしました。


これが圧巻。




山梨の天然記念物にも指定されているということで、地面すれすれまでしだれている桜がカーテンのように風に揺れているのは本当にきれいでした。


と思えたのは一瞬で、桜に見向きもせず砂利道をざっくざっく歩き回るR君を捕獲するのに追われてましたが。。。




16時には本日のお宿「雲峰荘」に到着。


何年か前に来たことがあって印象がよかったのですが、今回も快適に過ごせました。


久しぶりの温泉!


ここのお湯は肌にすごく良くて、私もR君もかなり肌の状態がよくなりました。


(夫はもともとモチモチ肌なので(笑))


平日だったのでまだ空いていましたが、土日は満室みたい。ラッキーでしたにひひ


20時過ぎには3人で爆睡だったんですが、やっぱりこういう場所って部屋が乾燥していますよね。


夜中にむっくり起き上がったR君。


寝ぼけながらも水筒のふたをがっと掴むと、飲み物を求めて部屋の中を彷徨っていましたあせる

あわてて麦茶をあげましたが、おかしいやら切ないやら。




次の日は南に下って河口湖へ。


富士山をいつもとは反対方向から、しかも間近で見ることができて大興奮。


R君も指をさしながら「富士山」をインプットしてました。


河口湖畔の公園でひと遊びして






お昼は名物の「ほうとう」をいただきました。


お店でいただくのは初めてだったのですが、麺が手打ちで歯ごたえあっておいしかった。


R君も食べれるものばっかりだし。


たまたま駐車場が窓越しに見える席だったので、R君はバスやオートバイを観賞しておとなしくしていてくれました。




その後はまっすぐ帰路へ。


R君は帰りの車中でお昼寝。


道もすいていたので15時には駅前のスーパーでお野菜買ってました。




急きょ決めた旅行ではありましたが、夫ともども大満足。


このくらいのユルい感じが子連れ旅にはいいのかもしれません。




「また葡萄の時期になったら行こうよ。」なんて言ってる夫。


いやいや、他の場所にも行きましょうよ(汗)








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。