スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

羽根木公園へ

2008/03/10 Mon 15:17

梅が見ごろを迎えているということで


一度は行きたいと思っていた羽根木公園へ行ってみました。




この公園は「冷静と情熱のあいだ」by江国香織の舞台の一つとなった場所で、


この本を読んでフィレンツェのドゥオーモの頂上まで階段で登りきった私(一人旅)としては、はずせない場所のひとつ。




の、はずでしたが・・・




そんな気分に浸る間などあるはずもありません。




ちょっと目を離すとどこに行くかわからない1歳半児を抱えて、現実以外を見ることなど無理なのでした。


しかも、今年は咲き具合がいまいちらしく、想像していたような満開の梅!も見れず。




080309_152216.jpg

R君は梅は視界の上方にちらほら見えるだけなので、


それよりはこちらのほうがいいと。


080309_151731.jpg

鶏小屋の前にしばし佇む。




それにしても最近のR君の脚力には目を見張るものがあります。


羽根木公園は小高い丘になっているので、道中かなりのアップダウンがあるのですが、、ものともせずに踏破されました。




帰宅後、義実家の近くの公園でしばし義両親と遊んだのですが


御年86歳になる義理父は


「もうじいちゃんは追いつけないよ。」と


うれしい中に寂しさもにじませておりました。




桜の咲くころには走っていそうな勢いです(汗)








スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。