スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うれしい発見

2007/03/18 Sun 19:31

土曜日は2週間に一度の漢方の病院へ。

R君の湿疹はまだ完治には至らず、
母乳経由の飲み薬と、塗り薬を続けているのです。

先生いわく

「飲み薬を母乳に混ぜていいから、
直接飲んだほうがいーです。

塗り薬だけだと、どうしても時間かかるね。」

そーかー。

でも搾るタイミングが難しいんだよね…しょぼん


その時、ふと思ったんです。

おっぱいあげてる時に空いてる方を搾るればいいんじゃない?

試しにやってみると…


いける!

最近は頭を支えてあげなくても、飲めるようになってきていたR君。

片方をR君がチューチュー吸って、

もう片方を私がピューピュー搾る!

そうすると

体も

「今日はダブルで出ていってるやん。

ようけ生産せな!」

って感じで、湧いてくるまでの時間が短くなったみたい♪

なんで今まで思いつかなかったんだろ。

あー、うれしい。

夜の授乳の時には、お薬なしにしてその分を保存すれば、
わざわざ搾乳に時間を割かなくてもいいし。

自分で搾るより量も取れるし。

自分が好きでやってる仕事のためとはいえ、

毎日の搾乳は結構プレッシャー&ストレス(思うような量を搾れないから)だったので、

ものすごい開放感。

あと一年はあるであろう「おっぱいマシーン」な生活も、

やっと肩の力を抜いて楽しめそうです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。