スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゴチになります

2006/12/28 Thu 02:12

R君がお腹にいたときに、毎日のように通っていた駅前のカフェ。


暑い盛りだったので、いつもたどり着くのは日が暮れた19時とか20時とかでした。


その時間ともなると、いるのは大抵見たことがある人ばかり。


その中に独特の世界観をお持ちであろうと思われるおじ(い)さんが一人。


いつもばりっとした服装で、


お店の人にも親しげに話しかけ、


大きな声で「ありがとう」「ごちそうさま」が言える方です。


そして英語が大好きみたいで、


そのカフェを利用して英語の個人レッスンをしている外人さんによく英語で話しかけてました。


私の感想としては


「きっといい方なんだろうけど、標的にはされたくない(笑)」


でした。


しかし、臨月の大きいお腹が彼を刺激したようで


「頑張ってくださいよ!


生まれてお子さんと一緒にまたこのお店にいらっしゃるときは、是非コーヒーの一杯でもおごらせてください!」


と、2回ほど言われ、


どん引きしながらも、ひきつり笑顔で


「はぁ・・・(笑)(汗)」


と、答えていました。


R君が生まれた後も度々そのカフェには行っていたのですが、


時間帯が違うのか一度もお会いしていなかったんですよねー。


しかし、とうとう今日そのときが!


前払いなのでレジで財布を出して注文をしようとしたら


「おめでとうございます!」


振り返るとそこにはアル・パチーノばりに決めた例のおじ(い)さんが・・・!


「いやー、いらっしゃったんですねー。どちら?男の子。ほぉー、いや、どちらでもおめでたいですなー。約束どおりおごらせてください。さ、何でも頼んで!一回だけですから、遠慮しないで。人の誕生というのはヒューマニティーの観点から・・・・」


よく覚えてないですけど、レジの前だったので他のお客さんの迷惑になってはまずいと思い、


紅茶をごちそうになりました、ハハハ。


同じテーブルに来られて、延々話かけられたらどうしようかと思いましたが


引き際よく自分の席に戻っていかれましたので、ほっとしました(汗)


R君もベビーカーで寝ていたので、話が続かなくてよかったです(^^;


でも一度おごってもらったからには


今後は挨拶しなきゃいけないんだろうなぁ。。。


うーん、ちっとめんどい。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。