スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

通勤のお供

2006/05/17 Wed 21:20

今日をもって、早朝勤務に関しては産休に入ることにしました。


当初は5月いっぱい早朝の仕事もやるつもりだったんだけど、

後任の子がそれなりに育ってきていたのと、
やっぱり普通の時間じゃないので体的に無理したくないのがあって。


一度どうしても気持ち悪くて、誰かに代わってもらいたかったときに
なかなかうまく調整が出来なくて、
それ以来無理はすまいと心に決めたのでした。


昼間の仕事はあと1ヶ月くらい。


***********************************


仕事の行き帰り、私は片道45分は確実に電車に乗っています。

(ドア to ドアで1時間15分)


基本的に睡魔が襲ってきたら
それに逆らわず寝てしまいます(笑)


でも、家でもしっかり寝ているので
そうそう眠れなかったり。


そんな時のために本を持っていくようにしているのですが。


現在のお供はこれ。


半藤 一利
昭和史 1926-1945


私が普段よく見るサイトでお奨めされていたのですが


共通一次最後の年に受験生だった私は

「世界史」選択だったもので

日本の歴史は本当に「点」でしか知らないのです。


この本はそんな私にジャストフィット。


語り口調で書かれているため、非常に読みやすいです。
(実際、CD化するつもりで、耳から聞けるようにお話いただいたものを
紙におこしたみたいです)


まだ全部読んでいないのですが、少しでも興味のある方にはお奨め。


どうして中国があんなに日本人嫌いなのか
よく分かりました(汗)


人間の小さな判断の一つ一つの積み重ねが
歴史を作っているんだなぁと考えさせられます。



あ、もちろん図書館で借りましたよ。

自分のアンテナに引っかかった本を、
すぐにネットで予約できて
最寄の図書館に持ってきてくれる。


本当に便利な世の中ですねぇ。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。